山内宏泰 公式サイト

ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp

【掲載中】 ぴあ「水先案内」 「北斎づくし」展

これだけ巨大な空間で展観しても、成したことの一端が知れるだけって、どれだけ巨大な存在なんでしょうね北斎って。 ミッドタウン・ホールでの「北斎づくし」のこと。 ぴあ…

第二十五夜 「陰気な愉しみ」安岡章太郎

 なるほどこういうのが、書き手本人の心境を細かく描く「私小説」の典型なのだなあ。  月に一度「私」は、横浜の役所に年金をもらいに行く。戦争で負傷したことからおり…

トタン屋根書店で、こんな写真集を薦められた 「ドアノーと音楽、パリ」ロベール・ドアノー

 暑いさなか、近所にできたトタン屋根書店へ寄ってみた。むろん他に客はいないので、気兼ねなく本の群れに目を通す。大判の写真集の数々に埋もれるようにして、小さい一冊…

【掲載中】 文春オンライン 岩井俊二『零の晩夏』インタビュー

岩井俊二さんの新作小説『零の晩夏』ほど、興味がどこまでも尽きない作品も珍しい。 濃密すぎるご本人のお話をどうぞ。 #岩井俊二 #零の晩夏 岩井俊二「光の見方のよう…

近所に書店(写真集の充実した)ができて、うれしかった話。

 近所にいきなり書店ができた。  とはいえほんのささやかなもので、間口がたぶん一間半、奥行きはその倍という程度の規模。  ここらは東京郊外の典型的な住宅街だから、…

第二十四夜 「雪」中谷宇吉郎

雪の結晶は、天から送られた手紙である  科学の研究ってなんだろう? なんで、どうやって、するんだろう。  第一線の科学者が、そんな「素人」の疑問に懇切丁寧に答え…