山内宏泰 公式サイト

ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp

【掲載中】

何でも描けた「うまい」北斎は、同時に誰より「こわい」絵描きでもあったのです。文春オンラインで、北斎の怖い絵のことを。

北斎の描く”妖怪”があまりにもリアルで怖すぎる | 夏に読みたい「怖い話」
#山内宏泰 #怖い話 https://bunshun.jp/articles/-/13360?utm_source=twitter.com&utm_medium=social&utm_campaign=s

もっとみる

【掲載中】  ぴあアプリ「水先案内」 東京都美術館・伊庭靖子展

【掲載中】
この展示は心よりおすすめしたい。
「この小さい世界が驚くほど劇的なのは、彼女が真摯に光を探究し続けているからだ」
ぴあアプリ「水先案内」で、東京都美術館の伊庭靖子展のこと!
https://lp.p.pia.jp/shared/pil-s/pil-s-21-01_14fc439c-5d91-4ad3-80fd-b4f2cd255798.html #ぴあ

【掲載中】 「週刊新潮」夏季合併号 葛飾北斎に学ぶ長寿の秘訣

【掲載中】
人生100年時代のロールモデルは、葛飾北斎である!
90歳まで生きて生涯現役を貫いた日本最大の絵師に、長寿の秘訣を学ぼうという夏休みぽい記事、
発売中の「週刊新潮」夏季合併号にて書いてます。
実際けっこうためになるはず。

【掲載中】文春オンライン・アートな土曜日  アートの新基準『カッコいい』って何? 平野啓一郎さんに聞いてみた

「カッコいい」こそ、20世紀後半以降の私たちの考えや行動を規定してきたもの。
新著『「カッコいい」とは何か』でそう説く平野啓一郎さんに、新しいアートの見方をお聞きしてます! 

アートの新基準『カッコいい』って何? 平野啓一郎さんに聞いてみた
#山内宏泰 #アートな土曜日 https://bunshun.jp/articles/-/13340?utm_source=twitter.com&utm_

もっとみる

【掲載中】 日経ビジネスオンライン FCバルサの「勝てる」文化

「組織の文化を新たに醸成したいのなら、人の行動や習慣に目を向けざるを得ません」
と中竹竜二さん。文化になってこそものごとは不可逆的になり、定着するわけですね。
バルサの常勝哲学から学ぶ組織論、日経ビジネスオンラインで!
FCバルサの「勝てる」文化

【掲載中】  「週刊読書人」 日蝕・一月物語 書評|平野 啓一郎(新潮社)

【掲載中】
そう、この人は、最初からひとり、違うところを見ていたんだと思う。
現代アートの最前線に立つという気概に満ちているんですよね。
平野啓一郎さんのデビュー作、改めての書評です。
「週刊読書人」本紙およびウェブで。
日蝕・一月物語 書評|平野 啓一郎(新潮社) https://dokushojin.com/article.html?i=5761