山内宏泰 公式サイト

ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp

読み書きのレッスン 徴(しるし)の発見 再度の「風の歌を聴け」 村上春樹 講談社文庫

 先般「風の歌を聴け」の冒頭を読んで、 「自己陶酔できるだけの強さを持っているのが主人公の条件だ」  という事実を見つけた。  もうひとつこの冒頭で知れることがあ…

【掲載中】 週刊文春  桑田佳祐連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第65回

いよいよ連載もあと2回。 満を持して桑田さんが歴代マネージャー物語を披露いたしております。 桑田佳祐さん連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第65回、 発売中の「…

【掲載中】 文春オンライン アート・ジャーナル 森美術館アナザーエナジー展

いま残念ながら休館中となってしまっておりますが、。 明けない夜はないので、まずは記事でも読んで再開の日をお待ちくださいませ。 森美術館 アナザーエナジー展のこと、…

読み書きのレッスン 徴(しるし)の発見 「家族写真」辻原登 と 「白夜」ドストエフスキー

 物語は、「出来事」「受動的感情」「能動的感情」に分けて見ていくことができる。  辻原登「家族写真」はどうか。 「役場の収入役、谷口の長女が県立高校の分校を卒業し…

読み書きのレッスン 徴(しるし)の発見  夏目漱石「三四郎」

「うとうととして眼が覚めると女は何時の間にか、隣の爺さんと話を始めている。」  というのが出だしの一文。これは出来事の描写だけど、文末が「いた」ではなく「いる」…

【掲載中】 プレジデントオンライン 三田紀房「ドラゴン桜・桜木が『スタンフォードは狙い目だ』と絶対言わないワケ」

いかに言葉を強く真っ直ぐ正確に伝えるか。 それがあらゆる仕事のキモなのだと、 三田紀房さんは言います。 なるほど、さすが「ドラゴン桜」桜木の生みの親。 全編、言葉…