山内宏泰 公式サイト

ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp

月夜千冊 第七夜          『ファーストアルバム』川島小鳥

現実の暮らしを営んでいくには、できるだけ現実的であるほうが何かと有利でやりやすい。自分の内側に大きな世界を築いている夢見がちな人にとって、この世はなかなか住みに...

月夜千冊 第六夜『きことわ』朝吹真理子

ふたりの少女が葉山で出会い、夏の時間を過ごす。永遠子と貴子は年齢こそ違えどよく通じ合い、他の者がとうてい入り込めない世界をふたりで築いている。  ふたりだけの世...

月夜千冊  第五夜         『天の歌  小説 都はるみ』 中上健次

最近でこそさほどその名をさほど耳にしないものの、かつて彼女はまぎれもない天才として名を馳せて、昭和の演歌文化を支える大立者として君臨した。芸名を都はるみという。...

月夜千冊  四夜『詩学』 アリストテレス

アリストテレスが指す「詩」とはおもに悲劇のことだけれど、いまでいえば詩や小説をはじめ文学全般がその範疇に入ると考えてよさそう。  ギリシア悲劇の全体を支配してい...

月夜千冊   3夜『北園克衛詩集』

徹底的なものだけが、徹底的に美しい。 と、ある小説家が言っていたけれど、まったくそのとおりだとおもう。 もしも文学を知的に攻めると決めたなら、 北園克衛くらいに...

月夜千冊   2. 『時間』吉田健一

うねうねと続き、始まりも終わりもないような文章が吉田健一の特長で、そこが最大の味わいどころでもあるし、ときに、とっつきにくさのいちばんの原因にもなる。晩年の代表...