山内宏泰 公式サイト

ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp

「若冲さん」 10    20211031

 四代目さんはただの木偶の棒じゃなかったんだ、引き篭もり店主だの何だのと彼を馬鹿にしてきた連中の鼻面に、この絵を突きつけてとくと見せてやりたい。  とユウは思っ…

「若冲さん」 9    20211030

 画材を大事そうに持ち帰ってきた四代目を見て、ユウは訝った。  これはいったい誰が使うものなのだろう。まさかご当人が?  彼が絵を描きたいだなどとは、ユウはまっ…

「若冲さん」 8    20211029

 丹波で豆を作っていた家を出て京都の大店・桝源へ奉公に入り、当主のお世話を仰せつかってはや三年余。ユウが顔貌に湛えていたあどけなさもすっかり消えたころ、仕えてい…

「若冲さん」 7    20211028

 今日もユウは雑事をこなす合間に、縁側から庭の鶏を眺めやっている四代目の背中を、ちらちらと見た。  胡座に頬杖を突き背を丸めた四代目は、いつ眼を向けても身じろぎ…

「若冲さん」 6    20211027

 ユウの憤慨をよそに、四代目自身はよくいえば悠々自適、悪くとれば無気力な引き篭もりを続けた。  時折り朝晩の食事をするとき愁いを湛えた目つきをするが、それが家の…

「若冲さん」 5    20211026

 四代目に付いたユウは、まめまめしく世話を焼いた。四代目自身は人に何も求めない、使用人にさえも。だからユウは、よかれと思うことを勝手に進めるようにした。身の回り…