山内宏泰 公式サイト

ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp

【掲載中】 文春オンライン 芥川賞・砂川文次インタビュー

どこよりも早い! はずの、芥川賞受賞後インタビュー。 砂川文次さんの言葉は、小説と同様に歯応えガッツリですよ。 「リアル」じゃなくて全然いいから、「リアリティ」を…

五十年間失敗し続けた男 平田靫負伝  5 強藩を揺るがす心の弱さ 20220116

 宝暦治水をひとつの事象と見た場合、幕府側からすれば「天下の暴れ河」平定の足掛かりができて、満足いく結果を得たと言える。  実務はすべて薩摩藩に丸投げだから、懐…

「みかんのヤマ」 28 学びの効用 20220116

 中井先生は公立施設で心療内科の先生をしているのだとか。かつて患者として関わった人に、城下の公園での「朝活」に熱心な向きが多くて、これは心身にいい場所に違いない…

「みかんのヤマ」 27 ヨガと心の先生 20220115

 安心できる場で、ただぬくぬくしていたい。小さいころのわたしの願いは、それに尽きた。なのに父は、ちっともわかってくれなかった。よかれと信じて、いつもわたしを外へ…

五十年間失敗し続けた男 平田靫負伝  4 宝暦治水は美談か  20220115

 かように今際の際まで当人が戸惑っていたことからわかる通り、薩摩の人・平田靫負は生涯にわたり、それこそ自害するそのときに至るまで、失敗し続けた男だった。  だが…

五十年間失敗し続けた男 平田靫負伝 3 腹を裂く理由  20220114

 知らず止めていた息を吐く。と平田は、室の異変に気づいた。  生臭い!  くさいのは息か、血の匂いか。違う、己の全身だ。  毛穴という毛穴から、嫌なにおいが立ち上…