マガジンのカバー画像

読み書きのレッスン

150
寄せては返す波のように、読むこと書くことを日々学ぶのです。
運営しているクリエイター

記事一覧

五十年間失敗し続けた男 平田靫負伝 十一 戦さをしても薩摩に勝ち目はない 202203…

 この国で戦乱が日常だったのは遥か昔のこと。ここ百年余りは幕府の大いなる力によって、太平…

五十年間失敗し続けた男 平田靫負伝 十 絶妙な罠      20220313

 幕府から薩摩藩へ届いた御手伝い普請の話には、かなりの無理があると尾関尚吾には感ぜられた…

【掲載中】 文春オンライン 中井菜央『雪の刻』の物語

そこでは雪という存在がすべてを動かす。時間さえもね。 圧倒的な写真集『雪の刻』をつくった…

五十年間失敗し続けた男 平田靫負伝     9 そんな仕事を請けてはいけない    …

 自身の上司が暗愚であることを、尾関はよくよく承知している。  そして同時に、自身はその…

五十年間失敗し続けた男 平田靫負伝  8 平田は暗愚 20220310

 いま主室に出張っている尾関の上司・平田もまた、洗練を感じさせる趣では決してない。風貌も…

五十年間失敗し続けた男 平田靫負伝  7 尾関の痩せ我慢

  尾関尚吾が詰める控えの間は、灯りすらともしていないのだから、火の気も当然ない。ここは…

五十年間失敗し続けた男 平田靫負伝 6「尾関尚吾という男」 20220308

 尾関尚吾は丸五年に及ぶ江戸藩邸勤めを終え、昨年に藩主島津重年のもとへ呼び戻された有為の者だ。  現在は薩摩藩勝手方算用役を仰せつかり、財政を司る家老平田靫負の部下として仕えている。  宝暦三年が残すところ数日となった今宵も、夜半俄かに召集された御前会議で、上司平田の補佐をするべく城内へ駆けつけた。  とはいえ尾関は、詮議が為される主室には入れない。襖ひとつ隔てた控えの間に座し、灯りも付けぬまま、戸のわずかな隙間に耳を寄せ、内の様子を一心に窺っている。  傍目には、はした

スキ
1

五十年間失敗し続けた男 平田靫負伝  5 強藩を揺るがす心の弱さ 2022011…

 宝暦治水をひとつの事象と見た場合、幕府側からすれば「天下の暴れ河」平定の足掛かりができ…

「みかんのヤマ」 28 学びの効用 20220116

 中井先生は公立施設で心療内科の先生をしているのだとか。かつて患者として関わった人に、城…

「みかんのヤマ」 27 ヨガと心の先生 20220115

 安心できる場で、ただぬくぬくしていたい。小さいころのわたしの願いは、それに尽きた。なの…

五十年間失敗し続けた男 平田靫負伝  4 宝暦治水は美談か  20220115

 かように今際の際まで当人が戸惑っていたことからわかる通り、薩摩の人・平田靫負は生涯にわ…

五十年間失敗し続けた男 平田靫負伝 3 腹を裂く理由  20220114

 知らず止めていた息を吐く。と平田は、室の異変に気づいた。  生臭い!  くさいのは息か、…

「みかんのヤマ」 26 イベントが苦痛 20220114

 祖父母世代のグループに紛れ込んで、初めてスタバに入った。  皆が順繰りに呪文のような注…

五十年間失敗し続けた男 平田靫負伝 2 溢れる朱色 20220113

 平田は身を震わせ、上目遣いに辺りを窺う。  彼のいる邸は、木曽三川が育んだ広大な平地にぽつりと建つ。  風が舞わず物音もない夜更け。腹の皮を裂く物騒な音は、平野をどこまでも駆け抜けていきそう。邸内の誰か起きてきやしないか。  平田は動きを止めてしばし耳を澄ます。  大丈夫な様子。周りに何ら変化はない。  自分を俯瞰する覚めた意識があることに、平田は驚いた。  いったん仕儀に入れば、荒ぶる感情と苦しみが堰を切って襲うかと思えば、そうでもない。  そもそも痛、くない。  怖

スキ
2