読み書きのレッスン

65

「若冲さん」 3    20211024

 四代目伊藤源左衛門は自室に閉じ篭り、日がな妖しげな目つきで庭に放した鶏を見て暮らした。…

「若冲さん」 2    20211023

 京都高倉錦小路にある青物問屋「桝源」当主、三代目伊藤源左衛門は元文三年に没した。  跡…

「若冲さん」 1 改    20211022

「できれば、したくないのですが……」  か弱い、けれど極細の針金入りのごとき芯ある声を発…

「若冲さん」 1    20211021

 確実に客を呼べる「ドル箱」スターは、いつの時代のどんなジャンルにも存在する。  美術の…

チゴイネルヴァイゼン 5     20211020

 Kの奥さんがこれ以上うちから何を取り立てたいのか判然としないが、しかるべきものを渡さな…

チゴイネルヴァイゼン 4     20211019

 次の夜まだ暗くなりきらないあたりから、書斎に座っていても背筋がむずむずとしてきて、どう…

チゴイネルヴァイゼン 3     20211018

 今宵のKの奥さんの用向きもまた、Kの蔵書を取りにきたというものだった。今日は語学の参考書…

チゴイネルヴァイゼン 2     20211017

 翌日はよく晴れた。  夜になって風が出てきた。書斎に座っていると、玄関の呼び鈴が繰り返…

「チゴイネルヴァイゼン」1     20211016

 さっきまで戸外を吹き荒らしていた風はもう止んだ。いまは物音ひとつしない。  夜陰に乗じ…

「セールスマンの死」17   20211015

 そうだった。ここで暮らしていたころは他に交通手段などないから、マイカーであの角を右に折…