掲載中

309

【掲載中】 週刊文春 桑田佳祐連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第52回

明石家さんまさんがいてくれれば、 いつの時代もだいじょうぶと思えてくる! 桑田さんとさんまさんの長いお付き合いの様子。 あみだババアのことも! 桑田佳祐さん連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第52回、 発売中の週刊文春で! #桑田佳祐 #サザンオールスターズ #明石家さ

【掲載中】 週刊文春 桑田佳祐連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第51回

ボウリング、また早くみんなでやりたいよ! というのが桑田さんの心からの叫びなのです。 桑田佳祐さん連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第51回、 発売中の週刊文春で! #桑田佳祐 #サザンオールスターズ

【掲載中】 週刊文春 サザンオールスターズ「ほぼほぼ年越しライブ」

ライブレポートを! 「嵐」なヅラを被ってマンピーを歌う桑田さん。 こういうお祭り感、久々に味わったな。 発売中の週刊文春グラビアページで、 サザンオールスターズ「ほぼほぼ年越しライブ」のこと。 #サザンオールスターズ #桑田佳祐

【掲載中】 週刊文春  桑田佳祐連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第50回

はじめとおわりがよければすべてよし! の精神で配信された「ほぼほぼ年越しライブ」のお話を。 忘れかけてた「熱」がそこにあったなあ。 桑田佳祐さん連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第50回、発売中の週刊文春で! #桑田佳祐 #サザンオールスターズ

【掲載中】 週刊文春 桑田佳祐連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第49回

誌上でしみじみ振り返るこの一年。 本分に立ち返って年越しライブに臨むのだと、桑田佳祐さんが決意を新たにいたします。 もうひとつ寝るとライブ配信だ、たのしみ。 桑田佳祐さん連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第49回、発売中の週刊文春で! #桑田佳祐 #サザンオールスターズ

【掲載中】 週刊文春 桑田佳祐連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第48回

人には、時代には、フィクションが必要だ、と桑田さん。 不埒なものとか、「人生の隙間」とか、そういうのって意外に大事よ、と。 桑田佳祐さん連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第48回、発売中の週刊文春で。 48回て、一年分だねえ。感慨、。 #桑田佳祐

【掲載中】 桑田佳祐連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第47回

1970年代カルチャーはひとつの憧れ。いまにつながるものの「はじまりのとき」みたいな感じ。 そろそろフォークソングとか大流行しないかな。 桑田佳祐さん連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第47回は、今こそ浅川マキさんを聴こう! と。発売中の週刊文春で。 #桑田佳祐 #浅川

【掲載中】 週刊文春 桑田佳祐連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第46回

ボブ・ディランは、 もちろん音楽的現象なんだけど、 同時に文学であり、 ジャーナリズムでもあるんだなあ。 「ハリケーン」とか、すごい。今の世にもこういう歌は、要る。 桑田佳祐さん連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第46回、発売中の週刊文春で。 #桑田佳祐 #ボブ・ディラ

【掲載中】週刊文春  桑田佳祐連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第45回

坂本冬美さんとのコラボを成した桑田さんですが、 はた、と思います。 たとえば松田聖子さんに楽曲を頼まれることはついぞなかったな、と。 なぜだったのでしょう? ぜひご一読のほど。 桑田佳祐さん連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第45回、発売中の週刊文春で。 #桑田佳祐

【掲載中】 週刊文春 桑田佳祐連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第44回

続・素晴らしき哉、坂本冬美さん! で、「ブッダのように私は死んだ」の楽曲提供・制作の様子をいろいろと。 「坂本冬美にハメられた!」という真意やいかに。 桑田佳祐さん連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第44回、発売中の週刊文春で。 #桑田佳祐