掲載中

339

【掲載中】 週刊文春 桑田佳祐連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第49回

誌上でしみじみ振り返るこの一年。 本分に立ち返って年越しライブに臨むのだと、桑田佳祐さんが決意を新たにいたします。 もうひとつ寝るとライブ配信だ、たのしみ。 桑田佳祐さん連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第49回、発売中の週刊文春で! #桑田佳祐 #サザンオールスターズ

【刊行中】『まんが あなたもできる! 公民連携のまちづくり』

年末に出ましたよ。 『まんが あなたもできる! 公民連携のまちづくり』 岩手紫波町の「奇跡の公民連携成功例」オガールにも取材しましたね、懐かしい。 まるいがんもさんの漫画で、まちづくりへの関わり方がすんなり理解できるぞ。自分の居場所こそ何より大切だと実感する昨今こそ、 まちづくりに関…

【掲載中】 ぴあアプリ水先案内 木村和平個展ほか

短期記憶にむかし放り込んだことある、 けどささやか過ぎて長期記憶にならず忘れちゃった、ってこと、たくさんあるでしょ。 木村和平の写真はそういうものでできてる。 ブックオブスキュラの個展、 そのほか工藤麻紀子展なども、 ぴあアプリ水先案内で! https://lp.p.pia.jp/shared/pil-s/pil-s-21-0

【掲載中】 文春オンライン アート・ジャーナル 「ぬえ」の怖さ

気味悪い「鵺」と、 キモめでたいfeebeeさんの動物。 アダチ版画さん制作の浮世絵だから超高レベル。きれいな線と色。 冬でも怖い話を、文春オンライン アート・ジャーナルで。 天皇が怖れ、病床に伏し… 月岡芳年、一勇齋國芳を魅了した「ぬえ」の怖さ アート・ジャーナル #ぬえ #Feebee #アダチ

【掲載中】 文春オンライン アート・ジャーナル 川内理香子のドローイングに溺れる

身体に「くる」よ、川内理香子作品は。 個展も、画集も、めくるめく別世界だ。 文春オンライン アート・ジャーナルで! #WAITINGROOM 内臓をえぐるような「線の日本美術史」 川内理香子のドローイングに溺れる アート・ジャーナル #川内理香子 #文春オンライン https://bunshun.jp/articles/-/42305

【掲載中】 週刊文春 桑田佳祐連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第48回

人には、時代には、フィクションが必要だ、と桑田さん。 不埒なものとか、「人生の隙間」とか、そういうのって意外に大事よ、と。 桑田佳祐さん連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第48回、発売中の週刊文春で。 48回て、一年分だねえ。感慨、。 #桑田佳祐

【掲載中】 文春オンライン  YOASOBIインタビュー 後編

「物語に出てくる女の子、遥と似た体験があって……」 とikuraさん。 発表されたばかりの第6弾楽曲「ハルカ」のお話もたっぷりだ。 YOASOBIインタビュー 後編もアップされてます。 #Ayase #ikura YOASOBIikuraと新曲「ハルカ」主人公の“共通点”とは #YOASOBI #THEBOOK #文春オンライン https://bu

【掲載中】 文春オンライン アート・ジャーナル YOASOBIインタビュー

YOASOBIのおふたり、そろってのインタビュー。 文春オンライン アート・ジャーナルで! Ayaseさんとikuraさんの言葉に耳を傾けていて真っ先に浮かんだ単語は「知性」と「品性」だったなあ、、。そしてその視線は、ずっと先を見ていて、まだまだこれからですよ、と物語ってる。 ストリーミング2億7千…

【掲載中】 桑田佳祐連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第47回

1970年代カルチャーはひとつの憧れ。いまにつながるものの「はじまりのとき」みたいな感じ。 そろそろフォークソングとか大流行しないかな。 桑田佳祐さん連載「ポップス歌手の耐えられない軽さ」第47回は、今こそ浅川マキさんを聴こう! と。発売中の週刊文春で。 #桑田佳祐 #浅川

【掲載中】 ぴあアプリ 水先案内 アーティゾン美術館「琳派と印象派」 ほか

アーティゾン美術館の「琳派と印象派」 や、 横浜美術館の「トライアローグ」。 各館コレクションが基盤の展示満足度がハンパない。 マイクロツーリズムやら地方創生の第一歩はここにあると思うなほんとに。 他にwaitingroom川内理香子展のことなども、ぴあ水先案内で! https://lp.p.pia.jp/shared/p