「若冲さん」 33   20211123
見出し画像

「若冲さん」 33   20211123

 店の者が市場の窮状を切々と訴えつつ歩くので、若冲はつい同行するかたちになった。

 色とりどりの魚や青物が店先に並ぶ錦の本通りを抜けて、いつのまにか桝源の前へ。

「五代目は奥の間におられるはず。先代ひとつ、店に助言を授けていってくださいまし」
 と案内されて若冲は久方ぶりに、裏口ではなく店の側から実家の敷居をまたいだ。

 とんと寄り付かなかった家に、ふいに足を踏み入れる羽目になった。
 若冲の内側がいま、空っぽだったからだろう。
 長年打ち込んだ画を寄進し、あとの時間は完全なる余生と悟った矢先の若冲である。
 店に何ら貢献も協力もせず弟へ家督を譲った自分の立場など、すっかり忘れていた。
 本来感じるべきうしろめたさは、とっさに発動しなかったのだった。

 流されるまま店の奥へと通路を進むと、広間の襖が開いて弟と出くわした。
 気の利いた言葉でもかけてやれるといいが、若冲にそんな機転を望むべくもなし。
「お」と声を漏らして立ちすくむばかり。
 五代目当主の地位が板についてきた弟のほうが、如才なく屈託ない声を上げた。
 やあ、あにさん。どういう風の吹き回しだい?

 続いて五代目は勢いよく口を開き何か言いかけたが、声になる手前でよしてしまった。
 そうして、
「いやまあ、元気そうで何より。意外にさっぱりした顔してるじゃないですか」
 無難な挨拶を述べた。

 本当はいま五代目は、市場の行く末のことで頭がいっぱいだ。
 誰でもいいから話を聞いてもらいたい気分。が、よりによってこの兄では……。
 張り合いがないにも程がある。相談しても無益であろう。
 そう思い言を引っ込めたのを、まったく隠しおおせていない五代目の表情だった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp