「チゴイネルヴァイゼン」1     20211016
見出し画像

「チゴイネルヴァイゼン」1     20211016

山内宏泰  公式サイト

 さっきまで戸外を吹き荒らしていた風はもう止んだ。いまは物音ひとつしない。
 夜陰に乗じて家が丸ごと、静かな場所からもっと静かな場所へ逃げ去るようだった。

 私は何をするでもなく、書斎でチェアに座っていた。自分の内までしんと澄んでいく心持ちだが、瞼はどうにも重たい。

 頭上の屋根で乾いた音がした。瓦の上を小石が滑っていくような。からんころんと音は速度を増し、廂に達するかという瞬間、脳を貫く震えがきた。
 廂を飛び越え庭の土に落ちたと感じた。地面で音が鳴るか鳴らないかのうちに、全身の毛が逆立った。

 なんとか気だけは確かにしていたが、じっとしていられず部屋を出た。物音に気づいて台所から出てきた妻があ、と云った。
「まっさおな顔。どうしたんです」

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
山内宏泰  公式サイト
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp