「若冲さん」 28   20211118
見出し画像

「若冲さん」 28   20211118

「お前さんのすべてを懸けた絵画三十幅。いますぐすべて寄進するとは太っ腹な。

 しかし、なぜだ? いつそれほど厚く仏道に目覚めた?
 お前に若冲居士の仏名をやったのは、たしかに私だ。
 がそれは、画描き三昧でいるための方便にでも使えばよいと、くれてやったもの。
 お前さんもその程度の気持ちだったろう? 信心などハナから期待しておらん」

 殊勝なことを言い出した若冲の真意を測りかねて、大典禅師が問い質す。
 若冲は憑き物の落ちたような表情で応えた。
「はい、たしかに信心が高まったゆえということではなく。
 ただ、描き上げたので、わたしは。それ以上、望むものとてなし。
 できれば、もう何も、したくないんですが……」
 
 つまり何か? 描く過程と描き上げた事実だけで満足、あとは何も要らんというか?
 大典が更に問うと、若冲がまなじりをすっと緩めて、
「はい、おかげで、ひとつごとを成せましたから」
 と小さいながら澄んだ声を上げ、続けて思うところをひと息のうちに述べた。

「ちいさいころから、人並みにできることなど何もなかったわたしです。
 ひとつたりとも成せることなどないと、とうにあきらめておりました。
 わたしが暮らした錦通りを行き交う世間の者はみな、立派に見えたものだった。
 子を成し、家を守り、後世へ何かを継いでいく算段を、誰もが見事にし仰せていた。
 わたしにはどれもとうてい無理なことでした。
 ならば、できればハナから何もしたくない。
 そう頑なになっていたところ、画材を譲ってくれたのは大典禅師、あなたでしたな」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp