「若冲さん」 43   20211203
見出し画像

「若冲さん」 43   20211203

山内宏泰  公式サイト

「なるほどこれはまた、ずいぶん寂れたな。

 私や弟の小さい時分など、昼間は通りをまっすぐ歩けやしなかったものだが」

 何らか方策を思いついたと言い出した次の日の午前。
 若冲はユウを伴い、さっそく錦通りの東の端に立っていた。
 とっくに店が開いている時間というのに、やはり人影はまばらである。

 通りはここから真西へ向けまっすぐ続いている。
 両側に連なる店を眺めつつ、ふたりはそぞろに歩き出した。
 若冲の手には、携帯用の墨と細い筆があった。
 ユウは、両手をうんと広げたのと同じほど長い紙を持たされている。

 しばらく進むと、若冲が思案顔で立ち止まる。
 おもむろに筆を執り、ユウに紙をピンと張らせ、何事か描きはじめた。
 まずは紙の長辺と平行に、二本の直線をすっと引く。
 続いて、線のはじまり辺りに小さく長方形をとる。
 そうしてその中に、ちまちまごちゃっと何やら描き入れた。

 ユウにはかろうじて、そこに何を描いてあるのかがわかった。
 下辺に大ぶりの花がいくつも咲き、上辺には蝶が幾匹か舞っていた。
 
 あれ、この図柄には見覚えが……。
 ユウがそう思ったのも当然である。
 これは若冲が描き上げ、大典禅師の相国寺に献納した三十幅の画のひとつ。
 ほんのり紅に染まった芍薬を目当てに蝶が集まる《芍薬群蝶図》だ。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
山内宏泰  公式サイト
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp