見出し画像

月夜千冊 第五夜 『北園克衛詩集』

徹底的なものだけが、徹底的に美しい。

と、ある小説家は言った。

まったくそのとおりだとおもう。

もしも「文学を知的に攻める」と決めたなら、

北園克衛くらいに徹底しないといけない。

北園が詩作を始めた一九二〇年代、海の向こうでは、アンドレ・ブルトンらのシュルレアリスムが勃興していた。

北園がこれに影響を受けていないわけはない。


白い食器

スプウン

春の午後3時

白い

白い

赤い

(「記号説」)


北園の詩は一見して、「ああシュルレアリスムを日本の詩壇に取り込んだのね」とおもえるし、それは決してまちがいじゃないはず。

ただ、北園がやったのは、単なるシュルレアリスムの移入じゃない。シュルレアリスムは、北園が詩想を深めるきっかけに過ぎない。そこから彼はずんずん自分の道を進む。

彼が目指したのは、純粋な詩の模索。

詩として、言葉として、純粋とはどういうことか。

そんな難しい問いかけを、終生続けた。

ここでいう純粋さとは、ひとつには、意味に頼らないということ。

彼は言葉を、オブジェ=物質として扱おうとした。


その絶望

把手

(「夜の要素」)


「の」というひと文字が、彼の詩のなかでは、オブジェとしてたしかな存在感を放つ。北園作品の中の「の」は、とてつもなくかっこいい。


北園克衛詩集

思潮社

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
3
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp

こちらでもピックアップされています

月夜千冊
月夜千冊
  • 22本

あと何冊読めるだろう。 ふとそう思いました。 だから、 本を読もう。 もっと本を読もう。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。