文学とワイン

文学とワイン

2017/1/5
山内 宏泰 (著)

西川美和 田中慎弥 柴崎友香 平野啓一郎 堀江敏幸
島本理生 穂村 弘 原田マハ 小林エリカ 角田光代
第一線で活躍する作家十名の自然体のトーク

言葉を尽くして語ること、イメージをふくらませること、余韻を楽しむこと……共通点の多い文学とワイン。
銀座エノテカ・ミレで開かれる文学ワイン会「本の音夜話(ホンノネヤワ)」は、
毎回一人の作家と少人数の参加者とがワインを飲みながらトークを楽しむ知る人ぞ知るイベント。
10名の作家との親密で幸福な時間が1冊の本になりました。

・各作家のおすすめブックガイド付き
・各作家をイメージした厳選ワインガイド付き
・ファンから作家への質問コーナーも充実
・冬のワインギフトのヒントも満載

#ストア

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!

山内宏泰 公式サイト

ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。