「若冲さん」 34   20211124
見出し画像

「若冲さん」 34   20211124

 ふだんは鴨川のほとりに引っ込んでいて、実家・桝源とは没交渉の若冲である。

 火急時に顔を出したとて、解決への援軍とみなされないのは当然か。

 ただもちろん、先代として気にかけてくれたのなら、ありがたいこと。
 気持ちは受け取っておこうと弟の五代目は考え、素直に礼を述べた。

「でもあにさん、まああまり心配しなさんな。市場の皆と何とかするよ。
 あにさんの鴨川の住まいまで取られちまうはずあるまい、安心して暮らしておくれ」

 そう言って力なく笑い、ちょっと出てくるよと廊下へ出た五代目の顔色は冴えない。
 すれ違いざま、兄の肩にぽんと置いた手の肌に張りはなく、荒れていた。
 詳しい事情は知らぬが、弟がどれほど追い詰められているかが伝わってきた。

 あまり意地を張らぬほうが賢明だろう、行く川の流れには逆らえぬもの。
 若冲はそう口にしかけたが、言える柄でも立場でもないと思い直し、沈黙した。
 慌ただしく表へ出る弟の背中を、ただ見送った。
 そうして自分もそのまま裏戸から出て、まっすぐ鴨川の寓居へと帰った。

 年の暮れへ向けて、日に日に寒さが増していく時季だった。
 山からの風が冷たい川べりを、あてもなく歩くなどして若冲は毎日をやり過ごした。
 錦通りの現況は都度、桝源からの命で若冲に仕えているユウの口から知れた。

 ユウの伝えるところによれば、錦の商売仇たる五条問屋町はかなり「攻めていた」。
 莫大な冥加銀を奉行所に献納したらしい。別口で要所要所には賄賂もたんまりと。
 どうやら京の市場を、本気で独占しにかかっている。
 攻勢の効果はてきめんだった。年が明けると錦市場は本当に機能が停止した。
 若冲の弟たちの奮闘虚しく、お上による営業禁止措置が容赦なく発効したのだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp