「みかんのヤマ」 13 母の遅い帰宅 20220101
見出し画像

「みかんのヤマ」 13 母の遅い帰宅 20220101

山内宏泰  公式サイト

 山の王の、いいようにはさせない。

 いくらわたしがそう固く決意しても、実際のところ何も変わりやしない。
 母がみかんセンターを辞めたりしたら、母子ふたり明日から路頭に迷うだけで。
 ただわたしは、町の商業高校へという提案を保留した。進路を確定するまでにはまだ間がある。何でも思い通りにはいかぬぞとの、せめてもの意思表示のつもり。

 わたしがささやかな抵抗を胸に秘めて過ごしていたところ、思いがけず母が、もっと大胆な行動に出た。
 生活がままならなくなるのも省みず、みかんセンターを飛び出したのだ。

 このところ母は、仕事の帰りがずいぶん遅くなることが増えていた。シフトがどうとか言っていたけれど、そういうときは決まって酒だか何だか、嫌な感じの匂いを漂わせていて嫌だった。
 その夜はひときわ戻りが遅く、ようやく零時を回るころになって、大きい車がうちの近くに停まる音が聞こえた。
 息の上がった母がいつもより荒々しく玄関を開けたかと思うと、そのまま洗面と風呂のつながった水場へ入っていく。そのまま長く風呂を使っているようだったので、ただいまのひと言もないのはどうなのかと思いつつ、わたしはもう勝手にひとり布団に入った。

 翌朝早めに眼が覚めたとき、家のなかに母の姿はすでになかった。
 卓のうえには食パンの袋と、「仕事へ。」とだけ記された書き置きがあった。
 みかんセンターの仕事はそんな早くからあるわけもないのだけど。そう訝りながら、せっかく早く起きられたのだから、わたしも動き出そうとの気持ちになった。
 それで母の文字の下に、
「学校へ。」
 と書き残して、わたしは久しぶりに登校することにした。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
山内宏泰  公式サイト
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp