五十年間失敗し続けた男 平田靫負伝 9 そんな仕事を請けてはいけない 20220312
見出し画像

五十年間失敗し続けた男 平田靫負伝 9 そんな仕事を請けてはいけない 20220312

山内宏泰  公式サイト

 自身の上司が暗愚であることを、尾関はよくよく承知している。
 そして同時に、自身はそのことをとくに苦にしていない。
 薩摩という雄藩の士として生まれたからには、大きな組織に身を置き殿に仕えるのは必定。その際どんな人物が上に就くかは、本人の預かり知らぬところである。
 誰のもとで働くにせよ、自分が本分をまっとうすればいいだけの話だと、尾関はすっぱり割り切っている。

 どころか尾関は、平田にむしろ感謝の念を抱いている。とりたてて強い地縁・血縁もない自分をこうして引き立てて、仕事を任せてくれているのだ、それだけでありがたい。
 気性の激しい荒くれ者ばかりの藩内で、理が勝る尾関のような者への評価はどうしても辛くなる。腕力や威勢にものを言わす向きには、尾関の存在が煙たくしゃらくさいと映るのだ。

 平田は違った。自身が血生臭いことは苦手で、何事も穏便に済ませたい性質ゆえ、尾関のような人物のほうが何かと御しやすいのだろう。それで平田は尾関を腹心として扱い、尾関は仕事に打ち込むことで恩に応えた。

 その一環として今宵も、上司平田の参加する議の行方を、控えの間から襖越しに熱心に追いかけているのである。
 話し合われている内容は、相当に重大なものだった。職務上は冷静に記憶と記録をすることに努めねばならないのだが、行き交う言葉を聴いているだけで、気分が塞いでいくのを尾関は感じた。
 幕府から届いた、木曽三川治水に関する御手伝い普請の要請。これにどう返事をするかが、先より取り沙汰されているのだった。

 組織の末端にかろうじて身を置く自身の思いなど、ゆめ仕事に差し挟むべきではない、そう心得ている尾関だったが、このときばかりは心の声を押し殺すのに難儀した。
 罠だ。見え透いている。決して唯々諾々と請けてはいけない。
 襖を押し開いて、そう声を上げたかった。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
山内宏泰  公式サイト
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp