「若冲さん」 31   20211121
見出し画像

「若冲さん」 31   20211121

 錦通りで若冲に声をかけたのは、桝源で働く中堅どころの男だった。

 たしか、寓居で若冲の世話をするユウと同時期に、店へ奉公に来たのだったか。
 その小僧がいまや、若冲が家督を譲った弟・五代目伊藤源左衛門の右腕である。

 店の屋台骨を支えるそんな働き盛りが、昼日中に通りをふらついているのは奇だ。

「いえ、ほうぼうで相談ごとをしてきた帰りでして。
 それより先代。今回のこと、お力になっていただけるので?」
 と息を切らしながら畳み掛けてくる。

 相国寺にすべての絵を寄進し、ここまで無心で歩いてきただけの若冲である。
 錦通りが慌ただしい理由もわからぬし、何を言われているかもさっぱりだ。

「まさかご存知でない?」
 そう問われても、「ふむ、まったく」と若冲は、素直に小声で応えるのみ。
 桝源の中堅男はいったん言葉に詰まったが、すぐ語を継いだ。
「ははあそうでしたか。いえもう桝源どころか、錦通り存続の危機でございます」

 この浮世離れの惚け顔め、とでも言いたげな素振りはいったん内に押し込めた。
 そうして若冲に、事情をイチから噛んで含ませた。
 要は錦通り市場が丸ごと、お上から営業停止を食らう瀬戸際に陥っているのだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp