「若冲さん」 46   20211206
見出し画像

「若冲さん」 46   20211206

山内宏泰  公式サイト

 他に錦通りには、魚介類を若狭から仕入れて売る店もある。

 その店先に立ったときは若冲、すぐさまユウに長紙の地図を広げさせた。
 おもむろに筆を執り、色とりどりの貝が躍る《貝甲図》を略画で記した。
 ああこれはぴったり、おあつらえ向きですね!
 ユウはつい口にしたが、すでに踵を返し歩き出した若冲の耳には届かない。

 漢方薬の店前では若冲もさすがに立ち止まり、腕組みをして思案した。
 動植綵絵三十幅はさまざまな画題を扱うが、漢方にまつわる絵柄はなかった。
 いったいどうするだろうと、ユウは傍らで若冲の様子をじっと窺う。
 しばしのち前触れなく腕組みは解かれ、若冲は長紙を開くようユウを促す。
 描き込まれた略図は、池のほとりに甲虫の類が群れている様子だった。
《池辺群虫図》である。この虫が漢方の材になるかは知れぬが、意図はわかる。

 かようにして、錦通りの地図上三十箇所に略画が描き込まれた。
 この計画のまま、通りのあちらこちらに動植綵絵が看板として掲げられたら……。
 通りは一挙にぱっと華やかになる! とユウは夢想した。
 浮かれるユウを尻目に、現実的な算段を弛まず進めんとする若冲が言う。
 ではこの足で相国寺へ参るぞ。大典禅師と、談判せねばならぬ。
 あの三十幅、返していただけませぬか、とな。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
山内宏泰  公式サイト
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp