「若冲さん」 36   20211126
見出し画像

「若冲さん」 36   20211126

山内宏泰  公式サイト

 閉鎖へ追い込まれた錦市場を救うべく、若冲はどんな手を打ったのか。

 ずいぶんな搦め手である。

 まず、壬生や九条など京近郊の有力農村へ出向き、地域の長と直談判した。
 市場再開時の有利な商条件を約すのと引き換えに、奉行所宛の願書を書かせた。
 内容はこうだ。

 天子様や京の守護者のため、我ら農家は日夜作物を拵えている。
 良質な品を安定して届ける本分を今後もまっとうしたい。
 それには良き市場が不可欠。なのに、頼りの錦市場が開いていない。
 我らにとって大打撃である。これでは今後、新鮮な野菜を京へ納められない。
 錦市場の早急な再開を切に願う、と。

 本音を言えば農村にとって、京への納入など大した問題じゃない。
 村内で自給自足はできているのだ。京との取引は割のいい副収入という程度で。
 逆に京の側からすれば、農作物を卸してもらえるかどうかは死活問題。
 為政者にとって生産者との良好な関係は、経済・社会安定のため欠かせない。
 彼らからの請願を、お上はおいそれと無碍にはできぬ。
 この力関係を見越してのことだとすれば若冲、なかなかの策士っぷりだ。

 さらに若冲はもうひとつ、京の内側からの重い一撃も仕込んだ。
 懇意の相国寺高僧、大典禅師を動かしたのである。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
山内宏泰  公式サイト
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp