山内宏泰  公式サイト
「若冲さん」 35   20211125
見出し画像

「若冲さん」 35   20211125

山内宏泰  公式サイト

 年初から営業を差し止められた錦市場は、混乱をきたしていた。

 お達しにより開けられぬ店先には、事情を知らぬ取引先や客が押しかけた。
 ほとほと困り顔で頭を下げる店の者らの説明は、いっこう要領を得ない。
 それはそうだ、自分たちにも理由や見通しがわからぬままなのだから。

 錦の役付きの者どもは事態の収拾に駆け回った。が、首尾はよくない。
 奉行所に泣きついても、決定事項だとあしらわれるだけ。
 事を裏で操る五条市場へ押しかけても、知らぬ存ぜぬの一点張りで。

 そもそも錦の者ら、荒事はまったくの苦手である。
 御所の傍で御用達も多く「公家気取りの商売人たち」と揶揄される土地柄だ。
 これまで大した逆境も知らず、喧嘩慣れしておらぬのは致し方ない。

 手をこまねくばかりで時だけが過ぎた。いまはもう水が温み出す時季である。
 本来ならまもなく、市場は大いに活況を呈するときなのだが。
 このままでは、伝統ある錦の市場は立ち消えてしまう。五条市場の思う壺だ。 

 鴨川のほとりで隠居を決め込む我らが若冲は、我関せずを貫くのか……。
 と思えば、そうではなかった。
 たしかに年初二ヶ月は腕を組んで座し、時折りユウの報せに耳を傾けるのみ。
 が、どうにも埒が開かぬと見るや、なんとみずから立ち上がった。

 まずは弟の桝源五代目に談判し、自分が動いてみてよいかと掛け合った。
 どのみち八方塞がりだ、好きにやってくれと言質を得た。
 店を投げ出し画描き三昧だった若冲に、何か期待する者などおらぬのだ。
 ところが、である。次の二ヶ月で事態は動いた。
 若冲の打った策が、何と意外や功を奏したのである。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
山内宏泰  公式サイト
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp