五十年間失敗し続けた男 平田靫負伝  7 尾関の痩せ我慢
見出し画像

五十年間失敗し続けた男 平田靫負伝  7 尾関の痩せ我慢

山内宏泰  公式サイト

  尾関尚吾が詰める控えの間は、灯りすらともしていないのだから、火の気も当然ない。ここは南国薩摩とはいえ、年の瀬迫る時期の夜半は、さすがに底冷えがする。

 尾関の手足の末端の感覚は、とうに消え失せている。どころか腰まで痺れてきた。
 三十代も半ばに差しかからんという自身の齢を思い起こし、すっかり中年になったものだと尾関は心中で自嘲した。

 尾関の全身が冷え切っているのは、彼が寒い季節も極めて薄着で通すからでもある。同僚の中には妻に命じて余り布を集め、ごてごて縫い合わせた腹巻きを着用する向きもある。
 これは具合がよいぞ、腹に力が入ると評判だが、尾関はといえば頑として腹巻きは着用しないし、妻に作らせようともしなかった。

 理由はひとえに、見栄えが甚だよくないからだ。分厚い腹巻きで胴を覆えば、誰しも大樽みたくなってしまうは必定。他の者がそうしているのはいざ知らず、尾関本人はそんな姿をゆめ人目に晒さぬよう気を遣っている。
 長らく赴任していた江戸では、そんな不恰好な装いは誰もしていなかった。洒落者を気取るつもりもないが、武士にとり最も大切な精神性や藩としての気高さは、身なりから大体察せられるものだと尾崎には感ぜられ、せめて自身は身綺麗を心がけんと決めていたのである。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
山内宏泰  公式サイト
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp