五十年間失敗し続けた男 平田靫負伝 6「尾関尚吾という男」 20220308
見出し画像

五十年間失敗し続けた男 平田靫負伝 6「尾関尚吾という男」 20220308

山内宏泰  公式サイト

 尾関尚吾は丸五年に及ぶ江戸藩邸勤めを終え、昨年に藩主島津重年のもとへ呼び戻された有為の者だ。
 現在は薩摩藩勝手方算用役を仰せつかり、財政を司る家老平田靫負の部下として仕えている。

 宝暦三年が残すところ数日となった今宵も、夜半俄かに召集された御前会議で、上司平田の補佐をするべく城内へ駆けつけた。
 とはいえ尾関は、詮議が為される主室には入れない。襖ひとつ隔てた控えの間に座し、灯りも付けぬまま、戸のわずかな隙間に耳を寄せ、内の様子を一心に窺っている。

 傍目には、はしたない盗み聞きの態。が、そうではない。なんとか話の中身を把握し備忘をしたため、いつ何時も進言ができるよう想を巡らせておくのは、事務方藩士の大切な務めだ。

 大の男が蹲り、幾時にもわたり襖に耳を擦りつけておるとは情けない……。
 豪気な男らしさが尊ばれる薩摩の地では、そんな声も聞こえてきそうだ。いまこの時にかぎらず尾関は体面など無頓着なのが常だから、荒くれ者揃いの同僚に虚仮とされがちだ。

 けれど尾関本人は、仕事に見栄えも何もなかろうと、いっこう気にしない。体裁がどんなに悪かろうと、組織の利に適うならそれでよい。自分が地べたに這い蹲って上司の役に立ち、それがひいては殿に報いることとなるとしたら、そこに理があるだろうと信じるのだった。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
山内宏泰  公式サイト
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp