見出し画像

月夜千冊

あと何冊、読めるんだろう。
ふと、そうおもいました。

読みたい一冊、積ん読にしているもの、既読なのにどうも消化した気分になれない本、もういちど体験したいあの読み味。そういうのがぼくのなかにはたくさん、たくさんあります。

それなのに。
あたりまえだけど、生にはかぎりがある。

「晩飯を食うのもあと千回くらいなものだろうと思う」

と、晩年の山田風太郎は言いました(『あと千回の晩飯』朝日文庫)。

どうなのだろう。ぼくが読める冊数はいったい、あとどれくらいなのか。
山田風太郎の晩飯と同じくらい? さすがに、も少し多い? こればかりはわかりません。

ともあれ、本を読もう。
長田弘に倣って、

「もっともっと本を読もう」

(『世界は一冊の本』みすず書房)とおもいます。

内容への関心もさることながら、
読んでいると、いつだっていい時間を得られます。
どうせなら自分の生を、いい時間で満たしていきたい。
そのためにも、読むことをやめないように。

本を読むのに適しているのは、たとえば、月が出ているとき。
月夜は静謐で、気持ちが澄んで、同時にどこかもの狂おしくもなる。
なにやら、内側から活発になる感じがあって、読むことと相性がいい。

中原中也は、うたいました。

「ポッカリ月が出ましたら、
舟を浮べて出掛けませう。」

と(『湖上』)。漕ぎ出したい気持ちはよくわかる。ではぼくは、空を見渡して月があったら、ページを開いて本の世界に出かけたい。

松岡正剛の顰に倣い、「千夜千冊」ならぬ、
「月夜千冊」の、はじまり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
4
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp

この記事が入っているマガジン

月夜千冊
月夜千冊
  • 15本

あと何冊読めるだろう。 ふとそう思いました。 だから、 本を読もう。 もっと本を読もう。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。