「若冲さん」 41   20211201
見出し画像

「若冲さん」 41   20211201

山内宏泰  公式サイト

 錦はお上に目を付けられ「終わった」市場だ、そんな噂もまだ絶えない。
 若冲の生家・桝源は大店ゆえ持ち堪えたが、再開の余力なき店も多かった。
 せっかく営業禁止が解けた錦市場に、生気はなかなか戻らない。

 青果や魚介など水ものを扱う市場では、すべてが循環し新鮮を保たねば駄目だ。
 ヒト・モノ・カネが澱んでいる錦の現況はかなり深刻。
 なんとか空気を変え人を招ばねば、錦市場は早晩立ち直れなくなるだろう。

 錦の苦境はユウを経由して、鴨川のほとりで暮らす若冲の耳にも入ってきた。
 同時に錦では、若冲への待望論も人の口の端に上っていた。
「また桝源の隠居に腰を上げてもらえまいか」と。

 桝源の前当主が政治力・交渉力を発揮して、市場再開へと漕ぎ着けた事実は、
「あのボンが? ホトケさまに生まれ変わらせてもらったのか?」
 という驚きとともに、広く知られるところとなっていたから。

 商売人としての若冲のことは馬鹿にしきっていただろうに、見事な手のひら返し。
 が、若冲自身はそんなことを気にも留めていない。
 何しろ画を描き尽くした若冲の心境はいま、澄んで波紋ひとつない湖面のごとしだ。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
山内宏泰  公式サイト
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp