「若冲さん」 44   20211204
見出し画像

「若冲さん」 44   20211204

山内宏泰  公式サイト

 歩を進めては紙に簡略な画を描き足し、また歩いては描きを若冲は繰り返した。
 ユウが両手で広げた長紙は、ほうぼうに描き込みがなされて黒々としている。
 二本の直線に寄り添うようにして、小さい長方形がおよそ三十もつくってある。
 そこに細かい柄が描かれていて、ユウにはそれらが何を示すかうっすらわかる。

「どれも若冲さまがいままでに描いてきた画ですよね!
 これでほとんどぜんぶ、二本の線の上に並びましたね。
 これっていったい……。ひょっとして、あっ、鳥瞰図つくってたんですか?」

 みずからの両手で掲げた長紙に見入っていたユウが、大きめの声を上げる。
 応えて若冲が言う。
「そう、二本の線が錦通りだ。これは上から見た図だな。
 描き込んだ長方形の位置に、それぞれの画を実際に設けてはどうかと思ってな。
 まあ客寄せというか、賑やかしにでもなればと考えたのだが、どんなものか」

 若冲の頭の中にある計画を初めて耳にし、ユウはとっさに反応できない。
 なんとか理解しようと、とりあえず手中の長紙を改めてしげしげ眺めた。
 そうしてようやくひとつ気づいた。
「これ、場所に合わせて画を選んでいたわけですか?
 そのためにこうしてご自分で歩いていらしたと?」
 
 そう、若冲が意図したのは、自作の画を宣伝・人寄せの看板にすること。
 すこしでも場が華やかに目立って話題となれば、という一念からである。
 しかし、ただ画を並べてもあまり意味を為さない。
 そこで若冲は、店と画の内容が一致することを目指したのだった。
 たとえば、次のようなことだ……。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
山内宏泰  公式サイト
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp