山内宏泰  公式サイト
「若冲さん」 45   20211205
見出し画像

「若冲さん」 45   20211205

山内宏泰  公式サイト

 錦通りの東端近くには、若冲の生家・桝源と並ぶ青物大店がある。

 長紙の簡易な地図上のその位置に若冲は、《芍薬群蝶図》の簡略画を描き込んだ。

 同画はたしかに、青々とした葉群れに蝶が群がる図柄だった。
 植物の瑞々しさを、観る者によくよく伝えてくれる。
 店先にこの画がどんと掲げてあれば、ぱっと人の目を惹くやも知れぬ。

 通りの東口からもうすこし進むと、新鮮な大豆を用いてつくる豆腐屋がある。
 地図上のそこには《梅花群鶴図》の略画が記されている。
 こちらの本画は、鶴の羽根の透き通るような白が目映いもの。
 清い水でつくられた、質のいい豆腐の肌を連想させる。

 その先に軒を出しているのは、川魚なら京で随一と謳われた大店である。
 そこにあてがわれた画は、《蓮池遊魚図》だ。
 引き締まった身で俊敏に泳ぎ回る鮎が、画面いっぱいに描いてある。
 清流があまりに澄んでいるので、これら鮎は宙空を舞っているのかと見紛いそう。
 任意の一匹を捕えて絞めて、塩で炙って一献傾けながら頬張りたくなるのは必定。

 この画を観たのち暖簾をくぐって、そこに鮎が売っていれば放ってはおけまい。
 業者ならしこたま仕入れ、小売を求める客なら家族分をきっと求めたくなる。
 

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
山内宏泰  公式サイト
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp