「若冲さん」 27   20211117
見出し画像

「若冲さん」 27   20211117

 相国寺の広間に若冲が並べた自作の画は、全部で三十幅あった。

「これまた、ずいぶん生んだこと……」
 見せつけられた大典禅師が口を開いた。
 ふだんは高僧らしく言葉にきっと含みと深みを持たせるのに、いまはただ真っ直ぐ感嘆を漏らす。

 大典が驚かされたのは、室内を埋めた画の物量ではない。
 ありとあらゆる動植物がここでいきなり解き放たれ、眼前に踊り出るさまを幻視させられた。
 そのことに、たじろいだ。
 まるで寺内が一瞬にして、京の都が建立される以前の太古の森に還ったかのよう。

「そう感じていただけたなら本望」
 と応じる若冲が続けて発した語に、大典はまた心を揺らされた。
「これらすべて、この場で奉納させていただけませんか」

 この混沌とした「生の渦」の大群を、我らが寺にいますぐ寄進するとな?
 ありがた迷惑な……。
 こんなものを手近に置いたりすれば、生きものどもの力にあてられて落ち着かぬ……。
 と大典は一瞬考えた。
 が、そんな無碍にするわけにもいかぬと思い直し、たしなめる態の言葉を投げた。

「お前が画を描き出して十年。修練を始めたころから数えれば二十年も経とう。
 描き上げた画はこれがすべてだろう? 丸ごと手放していいのか?
 寺からは対価も何も渡せぬのだぞ」
 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp