山内宏泰  公式サイト
「みかんのヤマ」  2 完璧な幸福  20211221
見出し画像

「みかんのヤマ」  2 完璧な幸福  20211221

山内宏泰  公式サイト

 うん。完璧に幸せだ。いま、まさに。

 教室の窓際の席に座りながら、そうおもった。
 三限と四限のあいだの休み時間。机のうえに放り出した腕に頭をのせ、窓の外をぼんやり眺めていただけなのだけども。

 陽気のせいかな。
 今日から十二月というのに、陽差しはまだじゅうぶん力強い。大きな窓の内側で温められた空気が、わたしにひたひた降り積もる。じっと埋もれたままでいると、温気は制服を軽々と通り抜け、身体の中までぐいぐい入り込んでくる。
 ついでに、そこらじゅうに生るみかんの甘ったるい匂い、グラウンドの向こうでたゆたう海水の潮っけ、あれやこれやも浸透してきて、自分が溶けてまわりと一体になってしまいそうだった。
 意識が遠のく。気持ちいい。ずっとこの温い世界に潜り込んでいたい。

 ただ、ちょっとあぶない気もした。戻れなくなりそうで。
 意思でちゃんと身体が動くか確認したく、視線よ上がれ! と念じてみる。
 わたしの眼球はまだ言うことをきいてくれて、左上へぐるんと回転してくれたのでよかった。

 瞼を押し上げたわたしの両眼がそのとき捉えたのは、やっぱりみかん山。
 ここらじゃどこにいても、いつだってそれが視界に入る。教室はもちろんグラウンドでも、通学路でも、家のどの窓からも。とくに収穫時期なんて、一斉に生る実の肌が反射して、眼に映るすべてが黄金色に染まってしまう。
 いまもほら、ショートにしたわたしの髪が机の上につくっている影、それすら真っ黒なんかじゃなくて、オレンジ色がかっている。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
山内宏泰  公式サイト
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp