「若冲さん」 42   20211202
見出し画像

「若冲さん」 42   20211202

山内宏泰  公式サイト

 若冲にはなんの躊躇もない。

 己の生まれ育った錦通りが困っていれば、なんとかしたいとふつうに思う。
 ユウを通してぼんやり伝わってくる期待を受け止め、若冲は手立てを考え始めた。

 活気を取り戻す……。人を呼ぶ方策……。
 ここ数日の若冲は、鴨川沿いの寓居の縁側に座り、日がな頭を傾け続けている。
 しかし妙案はなかなか浮かばぬ様子。

 それはそうだ。半生のほとんどを引き篭って過ごしてきた若冲である。
 活気や人寄せなどといった言葉から、最も遠い身の上だ。

「いえ、そうでもありませんよ。
 だってほら、あんな綺麗で華やかな画を、たくさん描けるではないですか」
 励ますつもりか本心からか、ユウがそう声をかける。
 若冲は一瞬「ほう、」と言うかたちに唇をすぼめたが、先を何も言わない。
 そのまま季節柄、日に日に青々としてくる庭の木々を、ただ眺め渡していた。

 しばらく経って若冲が、応えとも独り言ともつかぬ様子で口を開く。
「あれは、そんなにすらすら描けるわけではないんだ。
 ほれ知っての通り、三十幅を描くのに二十年の月日がかかっておる」
 そこでひと息ついて、さらに語を継ぐ。
「しかし、そうか……。
 あんな画でも、人の心をすこしは引き立てる役に立つものだろうか?
 本当にそうなら、試してみるか。
 錦に活気と人を取り戻す方策とやらを」

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
山内宏泰  公式サイト
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp