「若冲さん」 38   20211128
見出し画像

「若冲さん」 38   20211128

山内宏泰  公式サイト

 事ここに至って、奉行所はかなり追い込まれてしまった。

 京の台所を根っこで支える近隣有力農村と、帝も将軍も跪かせる権威の塊・仏教界。
 双方から直に要望が舞い込むなど、そうそうない。知らず大事になってしまっている。
 かなり面倒なところに手を突っ込んだ状態……。そう言わざるを得ない。

 そもそも閉鎖させた錦市場には、何の落ち度も違反もない。
 錦を目の敵とする五条市場の金銭攻勢を奉行所が受け入れ、錦が嵌められただけで。
 ハナから筋の通らぬ話ではあるのだ。

 この期に及んで奉行所は、腰を上げるしかなかった。
 これ以上大事にならぬうち、何もなかったようにさっさと矛を鞘に収めねば。
 賄賂の芳香に酔わされ幕府の利を損なったとなれば、必ず咎を受けてしまう。
 恥や外聞、体面などはこの際あと回しだとの判断である。
 そうして年明けから半年のうちに、錦市場閉鎖の措置はめでたく解かれたのだった。

 なんと若冲の打った手が、奏功するかたちとなった。
 かつては役立たずの青物問屋当主、現在は実家からも逐われた隠居の若冲なのに。
 これではまるで、地域の名君ではないか。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
山内宏泰  公式サイト
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp