「若冲さん」 47   20211207
見出し画像

「若冲さん」 47   20211207

山内宏泰  公式サイト

「その長紙も入り用になるな。すまんが、持って付いてきてくれるか」

 若冲に問われたユウは、当たり前の務めじゃないですか、いちいち訊かないでください。
 と思ったがそのまま口にはせず、こくりと頷きながらはい、とひと言だけ返した。

 錦通りを離れたふたりは京の街を北へ進み、御所の脇を抜けて相国寺まで出た。
 さっそく大典禅師に面通しを願う。案内された室には師が難しげな顔で坐していた。
 何か若冲に不満でもあるかと思えば、大いにあると禅師が言う。
「ずいぶん久方ぶりではないか。画を寄進して以来、お前さんはちっとも寺に寄りつかぬ。
 顔を見せぬのなら、もうそろそろ居士の名を剥奪しようかと思っていたところだ」
 
 差し迫る用向きもなかったもので。
 平然と返事をする若冲の態度に、背後で控えるユウのほうが慌ててしまった。
 これからお願いごとをするというのに、そんな不遜に出ていいんだろうか……。
 ユウの心配をよそに、若冲は言を重ねる。
「だが今日は急に、用向きができまして。
 先般お預けした三十幅の画、お戻しいただきたいのです」
 罰当たりめ! などと言われるかとユウは肝を冷やしたが、大典は顔色も変えず言う。
「いったん仏様の前に差し出した品を、取り戻したいとな?
 そんな申し出をする輩は見たことも聞いたこともない。よほどのワケありか?」


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
山内宏泰  公式サイト
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp