「若冲さん」 39   20211129
見出し画像

「若冲さん」 39   20211129

山内宏泰  公式サイト

「こちとら余生を送る隠居の身。日々することもないのでな。

 こんなときの捨て駒にでもなれたら本望だ」

 若冲の繰り出す手が奏功し、錦市場営業禁止の沙汰は取り下げられた。
 奮闘ぶりをユウが称えると、鴨川べりの寓居に座した若冲は謙遜しきり。
 そしてこう付け加えた。

「そもそも、農村から奉行所へ嘆願させよと知恵を授けてくれたのは誰だ?
 農家出のユウ、お前さんだったろう。
 おまけに出身地・壬生の有力者まで紹介してくれたな。
 父上母上へ改めてよろしく伝えてくれ」

 そう、近隣有力農村から圧力をかける方策は、たしかにユウの発案だった。

「いえいえ、心よりお仕えする身として、当然のことをしたまで。
 大典禅師が京都五山を代表して訴え状を書かれたのも、若冲様を慕えばこそ。
 あなたのためなら何なりと動こう、そう思う人間がいるということですよ」

 それにしても、ずいぶんな変わりようで……。
 ユウはぷっくりとした頬を押し上げ、両眼を下弦の月形にして愉快な気分で思った。
 かつての若冲は「できれば、したくないんだが……」が口癖だった。
 周りと没交渉で、こんな才気走る方だとはわたし以外の誰も気づかずにきた。

 それが今般の錦市場存続の危機に際しては、かくも躍動し実行力を見せた。
 なぜだろう。本当に隠居の手遊びというに過ぎなかったのか。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
山内宏泰  公式サイト
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp