「若冲さん」 49   20211209
見出し画像

「若冲さん」 49   20211209

山内宏泰  公式サイト

 相国寺の大典禅師から、若冲はこうして首尾よく三十幅の画を取り戻した。

 間髪入れずその画を錦通りに運び込み、看板風に取り付ける算段をつけていく。

 どうせ店も暇で、手が余っておるだろう?
 そう弟を説き伏せ、桝源の若い衆を二、三人借り出し、設置を手伝わせた。

 通りの要所要所の店前に、簡便な木製の立板をつくり、そこに画を貼り付けていく。
 青物屋の前には緑のしたたる画が掛かり、豆腐屋の前には白色が際立つ画が掛かった。
 川魚専門の屋号の前には、鮎が生き生きと泳ぐ画だ。

 なるほどこれなら、絵解きで店の中身を教えてもらえてわかりやすい。
 絹地に贅沢な顔料をたっぷり用いて描かれた画はどれも、陽の光を浴びてよく輝いた。
 通りの全体がぐっと華やいで、漫然と歩くだけでも眼が愉しい。

 桝源の前当主、伊藤若冲が長年かけて描いた画によって、錦通りはここに彩られた。
「壮観、ですね。美しい。美しいです、若冲さまの画」
 東の端に若冲と並んで立って通りを眺めわたしていたユウが言う。
「さてこれですこしは客寄せの足しになるかどうか。様子を見てみよう」
 若冲もまんざらではない顔で、そう応じた。
 

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
山内宏泰  公式サイト
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp