山内宏泰  公式サイト
「若冲さん」 40   20211130
見出し画像

「若冲さん」 40   20211130

山内宏泰  公式サイト

「いや本当にもう、自分ごとの用向きや願いなど、何もないのだ。

 幼少のころより何も成せなかったわたしが、三十幅の画を描き、相国寺へ寄進できた。
 ひとつごとを為せたいま、我が心の内の視界にはただただ、平坦な湖面が広がるのみ。
 そんな折に、縁ある者たちの困り顔が目に映ればどうなるか。
 できるだけのことをしてやりたい。そう思い腰を上げるのは当然であろう?」

 なぜここまで錦市場を救うのに躍起になったのか。策が見事にハマったのはなぜか。
 ユウのそんな疑問に、若冲は思うところをそう応えた。
 自分ごとがないから、持てるすべての手間隙を周りに振り向けることができる。
 自尊や利己の心などもう捨てたから、利他を達成しようと一心になれたというわけか。

 かくして営業禁止が解けた錦市場は、再び動き出した。
 そのまま活気を鮮やかに取り戻し……といけばいいが、そうそううまく話は進まない。
 
 青物中心の市場は水モノ商売ゆえ、半年の空白期間はやはりあまりに大きい。
 仕入れ先も得意客も、この半年のあいだは他所で売買をして生業を繋いでいたのだ。
 新しい商売の道筋や関係性、習慣がすでに生じている。
 錦が復活したからといって、すぐに旧来のかたちに戻すわけにもいかぬ。
 営業再開したとて、錦市場に調子と活気は、いっこうに甦らなかったのである。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
山内宏泰  公式サイト
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp