見出し画像

第十四夜 『ホモ・ルーデンス』 ホイジンガ

 遊びは文化より古い、のだという。

 人類が共同生活を始めたときから、その行動にはすべて遊びが織り交ぜられていた。

 そもそも、言語がそうだ。言葉を創るというのは、具体的なものに形而上的な概念をあてていく作業。具体的なものを抽象的なものに転換するわけだけど、その際にいつも使われるのは比喩だ。つまり言葉遊び。

 思えば神話も祭祀も、もとはといえば純粋な遊びとしておこなわれたものである。そして神話と祭祀は、あらゆる文化を動かす原動力。法律、社会秩序、商取引、科学技術、哲学、すべてのもとは神話と祭祀にある。

 遊びとは、あるはっきり定められた時間、空間の範囲内で行われる自発的な行為もしくは活動である。そうホイジンガは定義する。

 それは自発的に受け入れた規則にしたがっている。その規則はいったん受け入れられた以上、絶対的拘束力を持つ。遊びの目的は行為そのものの中にある。緊張と歓びの感情をともない、これは「日常生活とは別のもの」という意識に裏付けられている。

 なるほどここまで言われると、「真面目」や「仕事」の反対語として軽んじられてきた「遊び」の重みがぐっと増す。何しろわたしたちの生活における、生産活動以外のすべてのことは、すべて遊びであると言っていいのだから。

 一読して世界の見え方や捉え方を変えてくれるもの。それが歴史に堪える書物なのだなと思う。


ホモ・ルーデンス

ホイジンガ

中公文庫



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
1
ライター。アート、写真、文学、教育、伝記など。 著書に「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」など。 好物はマドレーヌ、おにまんじゅう。 【Twitter】@reading_photo   info@yamauchihiroyasu.jp

こちらでもピックアップされています

月夜千冊
月夜千冊
  • 21本

あと何冊読めるだろう。 ふとそう思いました。 だから、 本を読もう。 もっと本を読もう。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。