読み書きのレッスン

101

「若冲さん」 40   20211130

「いや本当にもう、自分ごとの用向きや願いなど、何もないのだ。  幼少のころより何も成せな…

「若冲さん」 39   20211129

「こちとら余生を送る隠居の身。日々することもないのでな。  こんなときの捨て駒にでもなれ…

「若冲さん」 38   20211128

 事ここに至って、奉行所はかなり追い込まれてしまった。  京の台所を根っこで支える近隣有…

「若冲さん」 37   20211127

 錦市場営業停止の沙汰を出した奉行所に春先、相国寺・大典禅師から書状が届いた。  私信の…

「若冲さん」 36   20211126

 閉鎖へ追い込まれた錦市場を救うべく、若冲はどんな手を打ったのか。  ずいぶんな搦め手で…

「若冲さん」 35   20211125

 年初から営業を差し止められた錦市場は、混乱をきたしていた。  お達しにより開けられぬ店…

「若冲さん」 34   20211124

 ふだんは鴨川のほとりに引っ込んでいて、実家・桝源とは没交渉の若冲である。  火急時に顔…

「若冲さん」 33   20211123

 店の者が市場の窮状を切々と訴えつつ歩くので、若冲はつい同行するかたちになった。  色と…

「若冲さん」 32   20211122

 桝源の者の説明によると、錦通り・危機の次第はこうだ。  京の東町奉行所より先般、錦市場…

「若冲さん」 31   20211121

 錦通りで若冲に声をかけたのは、桝源で働く中堅どころの男だった。  たしか、寓居で若冲の…