読み書きのレッスン

33

読み書きのレッスン 徴(しるし)の発見 再度の「風の歌を聴け」 村上春樹 講談社…

 先般「風の歌を聴け」の冒頭を読んで、 「自己陶酔できるだけの強さを持っているのが主人公…

読み書きのレッスン 徴(しるし)の発見 「家族写真」辻原登 と 「白夜」ドストエ…

 物語は、「出来事」「受動的感情」「能動的感情」に分けて見ていくことができる。  辻原登…

読み書きのレッスン 徴(しるし)の発見  夏目漱石「三四郎」

「うとうととして眼が覚めると女は何時の間にか、隣の爺さんと話を始めている。」  というの…

読み書きのレッスン 徴(しるし)の発見 「風の歌を聴け」村上春樹 講談社文庫

「風の歌を聴け」村上春樹 講談社文庫 「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶…

読み書きのレッスン 徴(しるし)の発見 「家族写真」辻原登 河出文庫

徴(しるし)を見つけるのだ。 ジャンルの徴、作者の個性、作品の特性が、作品のどういうとこ…

「漱石の恋」

「あなたは余っ程度胸のない方ですね」  縁側へ持ち出した低い洋椅子に腰掛けて、新聞を開い…

「スカルプター」 改

 うぐっ。んぐっ。むむぐっ。  遠慮のない嗚咽が、大きなホールに響いた。  涙と洟を盛大に…

「セールスマンの死」 改

1  小さいニュータウンの端っこのほう。狭い敷地いっぱいに建つ分譲住宅が、セールスマン宅…

月をたべにいくはなし

え。ほんと? なあにそれ。どうやっていくの? どんなあじ?  息せききって、ユウちゃんが…