月夜千冊

21

『天の歌  小説 都はるみ』 中上健次

かつて彼女はまぎれもない天才として名を馳せて、昭和の演歌文化を支える大立者として君臨した…