月夜千冊

21

第十六夜 『ケンブリッジ・クインテット』  ジョン・L・キャスティ

1949年のこと。ケンブリッジ大学クライスト・コレッジでディナーが開かれた。主宰は英国きって…

第十五夜 『遊びと人間』 ロジェ・カイヨワ

「文化はあそびの形式の中で発生し、はじめのうち、文化は遊ばれた」  ホイジンガが『ホモ・…

第十四夜 『ホモ・ルーデンス』 ホイジンガ

遊びは文化より古い、のだという。  人類が共同生活を始めたときから、その行動にはすべて遊…

第十三夜 『しぐさの日本文化』 多田道太郎

「ある文化は、それをになう人びとがたがいにたがいをまねあうことによって、成りたつともいえ…

第十二夜 『日本の思想』 丸山眞男

戦後を代表する政治学者の丸山眞男が、新書のかたちでコンパクトに考えをまとめた一冊。タイト…

第十一夜 『コレクションと資本主義 「美術と蒐集」を知れば経済の核心がわかる』 …

第一人者たちの軽やかさ  アートと経済。このふたつこそ、今を生きる私たちの必須教養である…

第十夜 『二つの文化と科学革命』  C・P・スノー

「人びとの知的生活はますます二つの極端なグループに分れつつある。  文系か理系か、それが…

第九夜 『ニュー・アトランティス』ベーコン

「わが学院の目的は諸原因と万物の隠れたる動きに関する知識を探り、人間の君臨する領域を広げ…

月夜千冊 第八夜 『時間』  吉田健一

うねうねと続き、始まりも終わりもないような文章が吉田健一の特長で、そこが最大の味わいどこ…

第七夜 『詩学』  アリストテレス

アリストテレスがここで指す「詩」とはおもに悲劇のことだけれど、いまでいえば詩や小説をはじ…